現在のページ : ホーム

企業法務とは?

企業は、日本で企業活動する限り、会社法などの法に基づいて運営されます。
ですので、企業活動を行ううえで、法律というのは必ず意識しなければならないものです。
会社のスタート・設立の時から法律に基づいて会社を設立しなければならないのはもちろん、日々の営業活動、株式公開、従業員雇用、事業の拡大や縮小における組織の変更や営業の譲渡や承継、会社を終わらせる際の会社の解散と、全て法律に基づいて行わなければなりません。
そして、企業経営についての法律全体を一般的に「企業法務」と呼びます。

最近の企業では、企業法務は会社の法務部といった部門が担当することが多いです(名称は法務本部、法務部門などさまざまですが、「法」といったキーワードが使用されていることが多いです)。
他社との交渉から契約書の審査、訴訟への対応など、法務部の仕事は多く、非常に難しい専門知識を必要とされることも多く、企業法務を担当する部署は負担が大きいこともありますので、「渉外弁護士」「ビジネス弁護士」「ビジネスロイヤー」「コーポレイトロイヤー」といった社外から企業法務を担当する弁護士を雇用する場合も多いです。

ただ、花形のお仕事、花形の部署ですし、やりがいがある仕事でもあるので、今は企業法務を目指す方も多くいらっしゃいます。
このページでは、「企業法務関連のお仕事や部署を目指すには、どういった資格取得を目指すべきか」ということをご紹介します。
企業法務関連のお仕事に就きたい学生の方、もしくは社会人で転職を考えている方は、参考にされてみて下さいね。